院内設備紹介

院内マップ

 病院のドアを開けた瞬間から「プリモに来て良かった」を感じていただけるよう、まずは温かな笑顔でお迎えします。また、清潔に保たれた院内は、スタッフがペット導線で常に安全をチェックしています。
 内科、外科、検査など質の高い医療のための設備を完備し、ペットの命と健康を守ります。

ご来院時はまず、受付で「受付表」にご記入ください。
順番になり次第スタッフがお声がけさせていただきます。
※予約診療の場合や処置の内容により、受付順と診察順が前後する場合がございますので、何卒ご了承ください。

受付

待合室

診察室

手術室

入院室(大型犬用)

入院室(猫用)

院内設備

  • ■レントゲン検査機器
  • ■超音波検査機器
  • ■超音波スケーラー
  • ■心電図機器
  • ■内視鏡
  • ■血液検査機器
  • ■手術モニター
  • ■電気メス
  • ■凍結手術機器(クリオペン)
  • ■細胞培養設備

動物用内視鏡

 当院には動物用の内視鏡を備えています。人間の場合、胃カメラとしてよく知られている医療機器ですが、動物病院では犬や猫でたびたび発生する「異物の誤飲」(ぬいぐるみ・ボール類・固いガム・骨・石・ひも・裁縫針・靴下・タオル・プラスチック片・植物の種・竹串など)のケースで、消化管内の確認や異物摘出に使用します。
 また、胃や食道の組織を採取し病理組織検査を行うことや、粘膜表面を直接肉眼で確認することで下痢や嘔吐などの消化器疾患の診断を行います。
詳しくはこちら

凍結手術器具(クリオペン)
 凍結療法は、"組織を超低温で凍結することにより、不要な組織(イボ等)を阻血性壊死により破壊・除去する治療法"です。急速な凍結と緩徐な融解を繰り返すことによって、"不要な組織"を破壊します。
 クリヨペンは疾患部位を的確に治療でき、出血がなく無臭で痛みもほとんどないので、麻酔をかけることなく治療を行うことが出来ます。
詳しくはこちら

デジタル顕微鏡
 顕微鏡を用いた検査では消化管内寄生虫や外部寄生虫の検出、尿結晶の検出・分類、体表に出来た腫瘤の細胞診、血液塗沫で認められる異常を観察します。これらの検査を院内で行なうことにより迅速で適切な対応が可能です。
 例えば同じ様に見える皮膚炎でも細菌感染がメインなのか、酵母様真菌(マラセチア)がメインなのかにより使用する薬剤が違ってきます。それらを見分けるために実際に顕微鏡で見て判断します。
 また顕微鏡に写っている画像をパソコンの画面上に映し出すことが可能なのでその画像をリアルタイムに診察室で見ていただくこともできます。

細胞培養設備
 腫瘍の治療に対して、飼い主様・ペットに少しでも多くの選択肢をご提示できるよう、従来の3大療法(外科、化学療法、放射線療法)に加え、第4の療法として「免疫療法」や「代替医療」など先端の医療を取り入れています。
詳しくはこちら

年中無休 午前診療/9:00〜13:00 午後診療/16:00〜20:00 夜間救急/20:00〜24:00

※夜間救急について

Tel.042-750-7880 メールでのお問合せ
ページトップへ