プリモ動物病院の運営方針

プリモ動物病院は一人でも多くの飼い主様に、動物医療のプロとして、毎回心からの"ありがとう"をいただける質の高い獣医療と快適なサービスを提供します。

【ご挨拶】プリモ動物病院 相模原中央 院長 清水 悌二

こんにちは、院長の清水です。当院では総合診療科に加え、特化した皮膚診療、専門外来として眼科、免疫療法・代替療法に注力し、専門外来に関してはセカンドオピニオンを受け付けております。また、iPadなどのツールを用い、専門用語に頼ることなく出来るだけわかりやすく問題点を説明することを心がけております。

プリモ動物病院に初めてご来院される方へ

初診の方は、問診票をご記入いただきます。事前記入でスムーズに受付ができます。

病院からのお知らせ

  • 皮膚科 専門獣医師による特別診療開始
  • 歯科 無料デンタル相談受付中
  • 眼科 眼科検診パックスタート
  • 腫瘍科 腫瘍認定医による専科診察開始

診療案内

診療時間

年中無休(休診日はございません)
午前診療受付/09:00〜13:00
午後診療受付/16:00〜23:00
※夜間救急について

※13:00〜16:00は手術・往診・予約診療・特殊検査の時間となりますが、フードの購入やお薬の受取り等は可能です。
※年末年始は診療時間の変更があります。

診療対象

犬・猫
(鳥類・その他の小動物はお問合せください。)

駐車場完備

当院の敷地内に、合計16台分の駐車場をご用意しています。

駐車場案内

「アニコム損害保険」「アイペット」については窓口での清算が可能です。

ペットサロンコンビ

当院は、一般診療・予防接種・フィラリア、ノミダニ予防・健康診断・各種検査のほか、 下記に力を入れ診療を行っています。

■動物の疾患の中でも特に多い皮膚科疾患に注力しております。皮膚は最大の臓器であり、眼で病気を確かめられることができる唯一の臓器です。

眼の疾患は、直接命に関わることは少ないですが、健康な眼は生活の質を維持するために非常に重要になります。眼には物を見るという重要な役割を担っており、動物が活発に活動するための重要な器官です。

腫瘍の治療では、少しでも多くの選択肢を飼い主様と動物達に提供できるよう、「活性化リンパ球療法や樹状細胞療法、高濃度ビタミンC点滴療法」を取り入れています。高濃度ビタミンC点滴療法に関しては、腫瘍の治療のみならず、「ウイルス感染症、関節炎、アレルギー性皮膚炎」の治療として、取り入れております。
■犬や猫の疾患として特に多い「口腔疾患」は、予防としてのデンタルケア指導に力を注いでおります。また、麻酔を使わないハンドでのスケーリングも行っています。また、麻酔下での治療において歯周組織の再生を促す「エムドゲイン法」を取り入れています。
脊椎損傷や慢性腎不全の治療オプションとして「再生医療(幹細胞移植)」を導入しております。

特化診療

皮膚の診療について

プリモ動物病院 相模原中央では、一般診療に加え病気の中でも特に多い皮膚疾患に力を入れております。皮膚は最大の臓器であり、目で病変を確かめられることができる唯一の臓器です。
「日本獣医皮膚科学会認定医」指導の下、より質の高い皮膚医療を提供し、地域のみなさまに貢献できるよう努力してい参ります。

詳しくはこちら

獣医師
藤原あずさ

皮膚科診療指導医

プリモ動物病院 練馬 動物アレルギー医療センター
院長 川野 浩志

日本獣医皮膚科学会 認定医

【学歴】北里大学獣医畜産学部獣医学科卒・山口大学大学院連合獣医学研究科在籍
【研修歴】
・東京大学附属動物医療センター内科系診療科
・オハイオ州救命動物医療センターMedVet皮膚科
・ニューヨーク VCA Animal Specialty Center皮膚科
【所属学会】日本獣医皮膚科学会、獣医アトピー・アレルギー・免疫学会、獣医耳科研究会(VEP)、日本アレルギー学会、日本サプリメント評議会(評議委員)
【著書】「はぐれ獣医純情派」(文芸社) 、「家庭犬の医学」(オクムラ書店)


プリモ動物病院
練馬 院長
川野浩志

皮膚科特別診療のご案内

株式会社VDT代表
獣医師 獣医学博士
伊從 慶太先生

プリモ動物病院 相模原中央では、上記の通常診療に加え、2015年1月16日(金)より皮膚科専門医をお招きし、週1回皮膚の特別診療を行います。

診察日時 毎週金曜日
診察場所 相模原中央 ※診察は予約制となります。

詳しくはコチラ

眼科


担当獣医師
清水悌二

 「眼は口ほどに物を言う」といいますが、動物にとって眼は飼い主さまとコミュニケーションをとったり、大好きなオモチャを追いかけたりと、とても大切な器官です。しかし、眼は直径2cmととても小さいため、眼の異常に気付かないまま病状が進行してしまっている場合があります。他の疾患と同様に眼の病気も早期発見・早期治療が重要ですので、定期的な眼の健康診断をオススメします。皆様の大切な家族の眼の健康を守る為、当院では、様々な検査を駆使し客観的な眼科診療を行っています。眼のことで不安なことがありましたらご相談下さい。

【免疫療法・代替療法】について


鈴木義之

「腫瘍の治療について」
腫瘍(ガン)といっても、その種類、経過によって状況はさまざまです。
当院では、飼主様にとっても、ペットにとっても、少しでも多くの選択肢をご提示できるよう、 従来の3大療法(外科、化学療法、放射線療法)に加え、第4の療法として「免疫療法」「代替医療」など先端の医療を取り入れています。お悩みのことがあれば、遠慮なくご相談ください。

■活性化リンパ球療法 (免疫療法)
 活性化リンパ球療法は、動物自身のリンパ球を活性化増殖させ、体内に戻すことで、弱った免疫力を回復させる治療法です。自身の細胞を用いるため、副作用の心配が少なく、肉体的負担が最小限で抑えることができます。詳しくはコチラ

■樹状細胞療法
樹状細胞は、生体内で最強な抗原提示細胞と言われ、免疫細胞へ腫瘍の情報を提示するとともに活性化させます。本療法は、この活性化された免疫細胞がその情報をもとに特定の腫瘍細胞を攻撃することで、特異的な治療効果を期待するものです。詳しくはコチラ

■超高濃度ビタミンC点滴療法
 ビタミンCは通常は、抗酸化作用、還元作用を持ち、血清中のビタミンCが超高濃度の場合、ガン細胞を死滅せしめる作用があります。点滴によってこの濃度を作る療法です。この作用は、正常細胞には副作用がなく、一般の抗がん剤のように耐性がおこらず、あらゆるガンに効果が期待されています。 詳しくはコチラ

【再生医療(幹細胞移植)について】
 当院では、椎間板ヘルニアなどの脊髄損傷、慢性腎不全、骨折の癒合不全などを対象とした自己幹細胞移植療法に取り組んでいます。幹細胞とは血管、神経、骨などさまざまな細胞のおおもととなる細胞で、これを自分の細胞から培養し体に戻してあげる治療法を「自己幹細胞移植療法」といいます。幹細胞においては、その再生能のみならず、免疫抑制作用を利用した治療の検討もされており、今後期待される治療法と言えます。詳しくはコチラ

【高濃度ビタミンC点滴療法について】
 ビタミンCには、抗腫瘍効果以外に、@コラーゲン合成促進A抗酸化作用B抗アレルギー作用C抗ウイルス作用などがあり、ウイルス感染症、関節炎、アレルギー性皮膚炎の諸症状を緩和します。詳しくはコチラ

ウサギ、ハムスター、フェレットの診療について


獣医師 白畑 壮

 近年、マンションなどの住宅環境にも関係して、犬や猫以外のエキゾチックアニマルを飼育される方も多くいらっしゃるかと思います。しかし、いざ健康診断をしてほしい、元気がないから診て欲しいといったときに診察してくれる病院が少ないのが現状です。

 また、エキゾチックアニマルは生態系の中で弱い立場にいることが多く、他の肉食動物に対して弱みを隠すという本能を持っています。そのため、ご家庭でも痛み・辛さを隠そうとしてしまい、飼い主様が何かおかしいなと思ったときにはすでに病状がすすんでしまっていることがあります。 なにかいつもと違う・食欲がない・元気がない気がするなど、些細なご心配ごとでも構いませんので、病気の早期発見のため、ぜひご相談ください。

 また、飼いはじめたばかりで飼い方がわからないなど、飼育方法のご相談もその子の性格に合わせて行っていきます。1ヶ月から2ヶ月に1回のお爪切りなどのタイミングで、診察や糞便検査をしてあげるなどの定期健診も病気の早期発見・早期治療につながりますのでオススメです。 気になること、心配なことが少しでもあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

詳細はコチラ

【外来受付】
診療日:月・火・金・土・日
予約に関してはお電話042-750-7880またはメールでご確認ください。

関連サービス

 プリモ動物病院相模原中央には、トリミングサービス「ペットサロンコンビ」を併設しています。カットやシャンプー、マイクロバブルなど、「健康で・美しく・かわいい」ペット達の生活をサポートをしていきたいと思っています。何かあればスタッフへお気軽にご相談ください。

ペットサロンコンビ

詳しくはこちら

ペットサロンコンビ中央店 TEL:042-750-7882 営業時間9:00〜19:00(年中無休)予約制

 飼い主様のおでかけや旅行の際に、安心して預けられる。そんな場所としてもプリモ動物病院をご利用ください。冷暖房完備のペットホテルで、獣医師・看護師などの専門家が大切にお預かりいたします。

 パピーレッスンは仔犬同士で遊びながらの社会性を学ぶレッスンです。(生後4ヶ月半までの仔が対象)また、4ヶ月半を過ぎた仔を対象に「しつけ相談」も開催しています。(場所:相模原プリモ動物病院)

詳しくはコチラ

当院では、分かりやすいインフォームドコンセントを心がけています。

 当院では、分かりやすいインフォームドコンセントを心がけ、診療に当たっております。検査の内容や治療の方針を分かりやすく説明するために、イラストや図表をつかって、獣医師が飼い主様へご説明させていただいております。(iPadを使用しています。)
 診療に関するだけでなく、予防や飼育についての疑問など、不明な点がございましたら、ご遠慮なくお伺いください。

年中無休 午前診療/9:00〜13:00 午後診療/16:00〜20:00 夜間救急/20:00〜24:00

※夜間救急について

現在の待ち人数
Tel.042-750-7880 メールでのお問合せ
ページトップへ